会津の仮設住宅を訪ねて〜

   メビウスマフラーとミニポーチの講習会 


2014年12月9日(火)

    

横浜友の会から公共奉仕のメンバー3人が福島県の楢葉町から会津若松に
避難している方々がお住まいの宮里仮設住宅を訪問しました。

会津友の会の皆さまと協力して「メビウスマフラーとミニポーチ」の講習会をした様子をご紹介します。

先生の説明を聞きながら真剣です 縫うのは皆さんお手のもの!!
さてどんな形になるのでしょう!
楽しくおしゃべりしながらチクチク
縫い進みます
メビウスマフラーを後ろからかぶせて
暖かい帽子になりました
次はミニポーチ作りです
会津友の会の皆さんが用意して下さったケーキでお茶の時間、
美味しいケーキに顔もほころびます
完成して全員で記念撮影



原発の汚染で自宅に帰るめどが立たないまま、宮里仮設住宅に住んでいる被災された皆さまを4年の間
支援してきた会津友の会を、横浜友の会はこれからもずっと後方支援して行きたいと思います。